龍河洞保存会

会長挨拶

公益財団法人龍河洞保存会は、国指定の天然記念物及び史跡「龍河洞」の管理と保存に努めております。
龍河洞は日本有数の観光鍾乳洞であり、高知県の第一級の観光資源となっております。
洞窟出口付近には弥生時代の人類が生活をしていた跡があり、当時の土器が鍾乳石に巻き込まれて取れなくなっております。世界中どこにも類例がありませ ん。また、一般観光コースと別にヘルメットにヘッドランプをつけ、ナビゲーターと共にまっくら闇を進む本格的体験型の冒険コースと一般観光コースの電気設 備を切り、ちょうちんの明かりだけで進む気軽に体験できる暗やみ体験コースがあります。
(※冒険コースは予約が必要です。事前にお申し込みください。)
付近には洞内より発見された資料を展示した博物館、特別天然記念物尾長鶏などを飼育展示している珍鳥センターがあり、いずれも無料で観覧できます。
皆様方のお越しをお待ちしております。 会長 岡崎 淳一

龍河洞保存会の役割

龍河洞保存会の役割
事務所

このページの先頭へ